京都・銀閣の紅葉

日本史の教科書にも掲載されており、日本人なら誰でも知っている銀閣。正式には慈照寺といい、室町時代の東山文化を代表する建築だ。庭園の紅葉はそれほど多くないが、緑の中の赤色がかえって目立つ。

銀閣と向月台と紅葉が見事にマッチしている。

庭園の向月台が真っ赤に噴火しているように見える。

よく整備された白砂の庭園。

東山文化の粋。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です