京都・安楽寺、法然院の紅葉

京都・鹿ケ谷にある法然院と安楽寺は、専従念仏を唱えた法然と弟子の安楽ゆかりの寺だ。もともと草庵だったというが、現在も質素な雰囲気を好み、多くの参拝客が訪れる。

安楽寺は普段公開されていない。しかし紅葉の終わりごろ、落ち葉が階段を覆う光景は有名だ。

安楽寺から鹿ケ谷の静かな道を歩いて行くと、ほどなく法然院に着く。

苔むした山門の緑と境内の紅葉が山里の草庵の雰囲気を醸し出す。

山門を入ってすぐに目に入る白砂壇。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です