西東北ツーリング1日目 東京ー秋田・黒湯温泉

いきなり長期のニッポンさんぽ。東北西側を東京起点に青森・竜飛岬折り返しで巡る旅。

さて1日目は東京から東北道を北上、一関ICまで走り、平泉に。ここは平安時代末期に奥州藤原氏が栄えた地であり、また源義経が衣川の戦いで自害した地でもあった。

高館義経堂

奥州平泉

源義経が奥州藤原家4代目の泰衡に攻められ自害した地だと言われている高館義経堂。義経の像が中に安置され、眼下には北上川がゆったりと流れている。ただ義経はここから落ち延びたという義経伝説が残る。

中尊寺金色堂

平泉にある中尊寺金色堂。金色堂の須弥壇内には、藤原清衡、基衡、秀衡のミイラ化した遺体と泰衡の首級が納められている。

実際には金色堂は建物の中にガラス張りの中に保存されており、外を囲っている建物はコンクリート作りなので、正直言ってありがたみはあまり感じられない。

達谷窟

稲刈りも終わり、稲木掛け(はさがけ)を見ながら達谷窟へ。稲木掛けは関東地方とはスタイルが違い、服を着ているような感じ。

達谷窟は岩にめり込んだようにお堂が建てられている。

栗駒山は紅葉真っ盛り

平泉から県道31号線、国道342号線を走り、道は山に向かって進む。1時間20分走り栗駒山駐車場に到着。すでに駐車場は満車に近いが、この点バイクは余裕で駐車できるのでありがたい。すでに駐車場の周りは紅葉真っ盛り。見ての通り、黄、赤、緑が入り乱れて、思わず見とれてしまう。

この絶景に感謝を込めて

合掌

稲庭うどん

栗駒山から県道282号線、国道398号線を進んでいたら、稲庭うどんの看板が目に入った。名前は知っていたが、まさかここが発祥の地だとは思わなかった。もちろん食べることに。老舗「佐藤養助商店」の「二色せいろ」(1500円)をいただいたが、つるつる滑らかすぎて、のど越しがいい。おいしかった!

角館

田沢湖

角館、田沢湖

国道13号を北上し、1時間20分で武家屋敷が有名な角館へ。ちょっと時間が押していたので1時間ほど見学し先を急ぐ。

20分ほどで田沢湖。たつ子姫伝説のたつ子像は金色でなぜか浮いて見せた。

黒湯温泉

今日のお宿は黒湯温泉

午後5時20分、宿泊地の黒湯温泉に到着。実は乳頭温泉に泊まりたかったのだが、紅葉シーズン真っ盛りで満室だったのでこちらにした。しかしここの温泉もなかなかよく、夕食も期待以上だった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です